Discography 2
| Discography 1| Discography 2|

遠い景色


このCDはRakutenで販売中

大木理紗が全編ヴォーカルアレンジメントを担当した真のソロアルバム。アカペラの世界を充分に満喫できる。 小田和正や玉置浩二、ケイトブッシュやNokkoのカバーは多彩な彼女ならではの神業。 タイトル曲「遠い景色」は彼女ならではの悲哀をこめたメロディーが印象的な珠玉の作品だ。

1.別れの情景 2.悲しみにさよなら 3.遠い景色 4.天使と小悪魔 MOVING 5.フレンズ

CACE2002/遠い景色/大木理紗


Barren Dream
バレンドリーム/ミスターシリウス


このCDはRakutenで販売中

大木理紗(当時、永井博子)がプログレ界No.1ヴォーカリストであることを世に知らしめたメモリアルな一枚。 「峡谷倶楽部」の斬新なハーモニーへの挑戦。「Step Into Easter」での研ぎ澄まされた聖唱。 「間奏曲」での悲壮感と終末間あふれる表現。「エターナル・ジェラシー」ではワイルドに。 「ラグリマ」での優しい色彩感。そして圧巻はリミックスされた「バレンドリーム」 見果てぬ想いを空間に浮遊させるような、繊細で芸術的な熱唱。 オパス・アバントラやフランス近代を彷彿とさせる雰囲気に包まれて、 アルバムはかくして幻のように、夢のように閉じていく。 なお、間奏曲はページェントのLIVEで彼女が弾き語りをしていた小品を ミスターシリウスがアレンジしたもので、 大木のグランドピアノと宮武の手弾きストリングスが同時演奏され収録されるという、 超絶技巧的なレコーデイングがされている。 全編リマスター!

1.峡谷倶楽部 2.Sweet Revenge 3.Step into Easter 4.間奏曲 5.Eternal Jealousy 6.ラグリマ 7.バレンドリーム(Remix)8.Eternal Jealousy〜シングルバージョン(Remix)

永井博子(大木理紗)Vocal,宮武和広(ミスターシリウス)fl,g,key.b,acc,藤岡千尋ds

「Barren Dream/Mr.Sirius」


Dirge
ダージ/ミスターシリウス


このCDはRakutenで販売中

前作よりも更に声にバリエーションをもった大木理紗が、実に絶好調の状態で全曲を歌い上げる名盤。 発売当初は「カレッジチャート」の1位を独走しつづけた神話は、彼女あってのもの。 ミスターシリウスが意図したものを遥かに上回る作品となっている。 「Love Incomplete」では陰影と遠近感のある歌唱が光る。 「Super Joker」の躍動するストレートな表現力は、真に小気味良い! そして「ナイルの虹」では、今までの集大成ともいえる多彩な歌唱が聴ける。 静かな部分の優しい表情とは表裏一体をなす 「グレートナイルテーマ」部分では、威風堂々とした貫禄さえみせつけており、彼女がいろいろなヴォーカリストを育て、皆のカリスマ的存在であったことが証明されている。 前作「バレンドリーム」が非常にパーソナルで内省的なものをテーマにしているとするなら、 この「ダージ」は、紛れもないロックパワーを有する「スーパーバンド」の音。 レスリー147が全編に唸っているのも隠し味である。

1.ファンファーレ〜流れる影 2.ラブ・インコンプリート 3.ランド・ダージ 4.スーパージョーカー 5.挽歌〜海 6.ナイルの虹 チェイス・オブ・インフィニティ〜望郷〜デュアル・サイト〜コロニー〜ブリス・フォー・ア・デイ〜光の果て 7.レクイエム(ニ短調) ミス

大木理紗 Vocal,宮武和広(ミスターシリウス)fl,g,key,藤岡千尋ds, 釜木茂一g,村岡英彦b

「Dirge/Mr.Sirius」


Incredible Tour
インクレディブル・ツアー/ミスターシリウス


このCDはRakutenで販売中

オフィシャル海賊盤というユニークな企画CD。アナログ感覚にこだわった盤面フィルムや トラックナンバー(1.2のみ)もおもしろい。 Requiem本来の味は「Dirge」のDTMより、むしろこちらで発揮されていると言えよう。 Time in the Imageはアルバム未発表曲。大木理紗の歌は限りなく夢見心地である。 そしてなんといっても「もしもリックウエイクマンがフルートを吹けたら」と銘打ったSiberian Khatru。 ジョンアンダーソンパートを大木が、クリススクワイアパートをミスターシリウスが担当。 飛び入りゲストも、大谷レイブンと難波弘之と娯楽性も抜群のものとなっている。 ライブの熱さと彼女の活躍ぶりをそのままに伝える素晴らしいCDだ!

1.Opening〜Requiem(original version) 2.Advance Billing 3.Madrigal(from "All the fallen people") 4.Time in the Image ☆unissued 5.Babooshka〜Love Incomplete 6.Kokan de Jealousy(perfect version) 7.Siberian Khatru '90 8.Barren Dream〜Grand Finale

大木理紗 Vocal,宮武和広(ミスターシリウス)fl,g,key,藤岡千尋ds, 釜木茂一g,村岡英彦b
ゲスト:大谷レイブン、難波弘之

「Incredible Tour」


夢の報酬/ページェント
Pageant


このCDはRakutenで販売中

予想されたこととはいえ創始者、中嶋一晃氏の脱退劇という衝撃。 「この日本プログレの財産を潰してはならない・・」 その余波は私ミスターシリウスにページェント復帰を決意させるにいたった。 そしてメンバー全員に飛来した煩悩は、永井博子が盲腸手術直後の痛みをこらえながら熱唱した「バーボンハウス」でふっきれたのである。

当時「ページェントでありながらページェントではない」と陰口をたたかれたものであったが、 私は永井博子(大木理紗)がそこに旺盛な歌心と推進力をもちつづける限りまさしく「ページェント」なのである。と主張したい! ひとつ彼女の歌詞の世界にも注目して聴いていただきたい

ここに展開される六曲六様の世界はどれもが別々の色彩をもち、すべてが彼女の個性だ! 「海の詩」は淡いパレットで描かれた沸き立つ泡の海。このキレの良い歌唱は これまでいかなる曲でも表現しえなかった新しい境地である。 「グレイの肖像」での陰鬱と悲嘆につつまれた独自の世界は特筆すべきもの。 大木理紗が作曲した中間部のフルートは「フランス映画音楽」の名盤を思わせるもので、 私はいつも涙しながらフルートを奏していたものだ。 「アルカロイド」はなかなかポップな仕上がりでケレン味や迷いがない。

「ラピスラズリ幻想」はプログレハード史に残る大曲である。歌詞が入ると同時に空間は非常に乾いたものになる。 その隙間をぬって前野氏の唸るようなギターがむせび泣く。 間奏のフルートはメル・コリンズを意識して演奏した。 大木理紗の歌唱と歌詞は壮大なスケールで聴くものの胸にぐんぐんせまる!
そして名唱中の名唱は「A FORGET ME NOT」ライブでは大木理紗と私がダンスを披露したり(笑) また私の12弦ギターと彼女だけで演じたりしたが、いずれも震えるような色香を感じた。 定番のクリシェ手法を用いているとはいえ、とにかく素晴らしい曲である。 「パーペチュアル・パーフェクション」では引頭氏と山田君のタイトなリズムセクションが冴える。

中嶋氏は引頭氏のドラムを「1度5度の単純ドラム」と笑っていたが、引頭氏の底力を感じたのは 「夢幻」のライブの時であった。彼は変拍子にも柔軟に対応する素晴らしいテクニックをもっているのだ。 中嶋氏脱退により、彼がその呪縛からとけたのが喜ぶべきことであった。 リーダー脱退後、チームを纏め心を紡いでいったのは彼の手腕と人間性であった。 素晴らしいドラマーである。

【文責:ミスターシリウス】

1.海の詩 2.グレイの肖像 3.アルカロイド 4.ラピスラズリ幻想 5.A FORGET ME NOT 6.パペチュアル・パーフェクション

大木理紗Vo,key.前野祐之g. 引頭英明ds,宮武和広fl,加島 有三key,山田和彦b

「夢の報酬/ページェント」


螺鈿幻想/ページェント
Pageant

彼女の凄みはプレイヤーとしても一流であること。 フィル・コリンズのドラムがジェネシスにとって必然であったように・・ 永井博子(大木理紗)のキーボードはページェントにとって欠くことのできないものであった。 「セルロイドの空」最大の見せ場のキーボードソロは「シネマショウ」に匹敵する好演である。 ピアノプレイも群を抜いている。ツアーメンバーの誰も正式キーボードになりえなかったのは、 つまり、彼女を上回るキーボーダーがいなかったからである。 また歌のほうは、「魔性」と「毒」を感じさせる特徴溢れるもので、大木理紗のロック・ヴォーカリストとしての実力が発揮されたアルバム。 ただ残念なのは「ヴェクサシオン」の表情。最も好きな曲であるのに、これはあきらかにプロデュースミス。 LIVEで私が感じていた最高の雰囲気とはかけはなれている。私なら、こんなふうには歌わせなかったのだが、当時は私には何も決定権などなかったのだ・・・ 中嶋一晃の泣きのギターや私のへたくそフルートも、永井博子の本物と呼べる歌の前には 単なる脇役でしかない。「夜笑う」は中島氏のフロマージュ在籍時代の曲。 「エピローグ」で楽器を歌わせエクスタシーを感じていた中島氏の恍惚の顔は実に絵になるものであった。 それはギターの心をしりつくした者でしか、浮かべることのできないファンタスティックなもの。 中嶋氏は私の恩人であり、ライバルであり、最大の味方でありまた仮想敵でもあった。 このアルバムの思い出は語りつきない。

【文責:ミスターシリウス】

須藤あや女史ジャケットはとても親しみやすいものであるし、 またフランス盤は中の写真違いでとっても楽しく双方買う価値あり。

1.螺鈿幻想 2.ヴェクサシオン 3.木霊  4.人形地獄  5.夜笑う  6.セルロイドの空 7.エピローグ

永井博子Vo.中嶋一晃g. 宮武和広fl,引頭英明ds,長嶋伸行b

「螺鈿幻想/ページェント」


奈落の舞踏会/ページェント
Pageant

永井博子(大木理紗)は ヴォーカリストとしての経験をつみ芸を磨いていく傍ら、 次第に作曲家としての才覚をもあらわしてもいく。 その最たるものが「奈落の舞踏会」と「仮面の笑顔」という素晴らしい曲である。 実はこのCDは非常にアンバランスな状況下で録音された「さ迷えるバンド」のCDであったことを告白せねばならない。 ダブルネック長嶋伸行の脱退。山田和彦の加入。ほかならぬ私の心もバンドの核心からほど遠くライブも欠席しはじめた。 また永井博子のコンポーズにおける台頭でリーダー中島すらも存在感が次第に薄くなりつつあったのだ。 同じアルバムの中に名前を連ねながらも、実に厳しい状況下で制作された苦悩する側面を感じながら聴くのも、また一興。 ただし、flute バージョンと紹介されている「仮面の笑顔」は虚偽。 その代わり、塩谷さんのSaxが素敵!まぁ、かえすがえすも際どい精神状態でつくられたアルバムである。

【文責:ミスターシリウス】

人形地獄 【1987 New Version】 真夏の夜の夢 ヴェクサシオン 【和ちゃん flute Version】 奈落の舞踏会 【Live Version】 仮面の笑顔 【Live Version】 木霊 【Live Version】 奈落の舞踏会 仮面の笑顔 【和ちゃん いないいない Version】 蜘蛛の館

永井博子Vo.中嶋一晃g. 引頭英明ds,長嶋伸行b,山田和彦b
ゲスト:塩谷博之sax

「奈落の舞踏会/ページェント」



に歌をうたってもらう前の晩は、 まるで明日遠足に行く前の如き「童心」にかえってわくわくしたものだ。


彼女は内在する宇宙が広く、それゆえ表現力もずばぬけており、 私がかくどんな曲もすべて最高の表情で歌いこなしてくれた。 それぞれの曲に、「生命の息吹」をあたえてくれるのである

或る日、音域的にちょっと困難な曲をかいたことがあった。 「ちょっとメロディーラインをかえましょうか」大木理紗の表情がとても不満そうにみるみる曇った。 「せっかくいいメロディーなのに・・」 果たして1週間後のライブで彼女は魔力をもちいたかのように、切々とサビを歌い上げてしまった。
天性の資質に不断の努力が確実に追随していく!そんな真摯な姿勢に遭遇したとき、 コンポーザーは比類なき喜びを感じる。 たぶん私と植松氏は最高のしあわせものだ・・・大木理紗万歳

もう実力派スタジオミュージシャンなどというレッテルは彼女に似合わない。 21世紀、フロントラインで活躍する歌手として、また我々の心に沢山の伝説を刻み込んで欲しい

ミスターシリウス 宮武和広