心斎橋みや竹 匠の傘専門店 明治二十九年


検索


カート


メニュー

匠の傘専門店 みや竹 > 匠の傘の魅力 > 匠の傘総合マニュアル > 【付録】中棒のテープって何?

【付録】中棒のテープって何?

よくある質問No.1
中棒の透明テープって何?

親骨と受骨が交わる(ダボ)は開閉のつど中棒にあたります。多くの長傘では、中棒に透明テープが貼ってありますが、それはこの接触による損傷を防ぐものです。

※職人がテープは必要ないと判断した場合は貼付していないこともあります。

なぜもっと違うテープにしないのでしょう。まず、これ以上厚いものですと、中棒が太くなりすぎて開閉不能になります。 また、色ものですと修理品のイメージになってしまいます。透明テープはシンプルですが、製造業者が頭をひねった末に選んだ究極の選択です。

もしはがれかけていたら貼り直しましょう。糊がはみ出しているようなら拭いて掃除しておきましょう。 貼ってないとあたった部分は開閉のたびに 中棒に小さく細かな傷をつけていきます。見苦しいといって剥がさないでください。あなたの傘の守護神ですから

お客様で貼りなおされる時は市販のセロハンテープで充分ですが、おすすめは「超透明テープ」です。スコッチ 超透明テープ巾18mmが使いやすいです。作業Stepは以下のとおり

  1. あたり疵のある位置を測っておきます※これがターゲットポイントとなります。
  2. 以前に貼付してあったテープを剥がします。器具をつかうと中棒をいためることがあるので、爪などでゆっくり慎重に剥がします。
  3. 残った糊気を除去します。布粘着ガムテープを筒状にまるめたものでポンポンと中棒を軽く叩くような感じで糊を除去してください。※紙ではなく布ガムテープを用いてください。
  4. Serp1で計測したターゲットポイントを中心にテープを貼ります。中棒ときっちり垂直の位置になるように、注意深く貼ってください。
  5. 適当な位置でカットして、重なりがあまりないよう慎重に中棒に巻きつけます。重なるのはほんの数mmだけにしてください。糊がつかないはさみを使用すると便利です。

ターゲットポイントを計測
ターゲットポイントを計測

爪で慎重にリムーブ
爪で慎重にリムーブ

布ガムテで糊を除去
布ガムテで糊を除去

中棒に垂直に貼れば完成
中棒に垂直に貼れば完成

匠の傘総合マニュアル
もくじ

印刷用PDFはコチラ

トップに戻る