心斎橋みや竹 匠の傘専門店 明治二十九年


検索


カート


メニュー

匠の傘専門店 みや竹 > 匠の傘の魅力 > 最適な傘に導く5つのステップ > step5

最適な傘に導く5STEP

最適な傘に導く5つのステップ

step1 大きさ
step5 ハンドル&名入れ

消耗品の傘から愛用品の傘へ。手元にこだわれば、よりしっくりとあなたに馴染む、パートナーとしての傘に出逢えます。

ハンドルは傘の顔

傘の各部位を人間の姿に例えれば『ハンドル(手元)は顔、玉留は襟元、生地は衣服、石突は足元』といわれます。顔であるハンドルは、その人(傘)の特徴や人柄が端的に表れるパーツです。こうしたイメージで捉えると、傘選びはより楽しく、より吟味するようになり、それだけ所有観が高まります。安易に忘れ物をすることも なくなるでしょう。

機能的にも「ハンドル」選びはとても大事です。傘を携えるとき、常に触れていなくてはならない箇所だからです。ハンドルの持ち心地ひとつで、傘の評価は大きく変わります。本物と呼ぶことのできる「匠の傘のハンドル」は、時を重ねるにつれ味わいと価値を増します。見た目を似せただけの安価な傘のハンドルは、時が経つと色褪せて朽ちてゆきます。ハンドル選びにも、ぜひこだわってください。

ハンドルは傘の顔

ハンドルは傘の顔

傘に名入れをお薦めする3つの理由

匠の傘 案内人 宮武和広が傘に名入れをお薦めするのには、3つの理由があります。

point1

愛着が生まれる

自分用の傘に名入れをすることで
オーナーシップとエンゲージメント(愛着)が
高まります

point2

贈り手の想いが伝わる

ギフトの傘に名入れをすることで
時間と手間をかけて準備された「特別感」が
加わります

point3

盗難・紛失防止

傘を盗まれた・紛失した場合に、
本人のものであることの証明となり、
返却される確率が高まります

傘に名入れをお薦めする3つの理由

名入れをする費用は数千円ですが、実際にはそれ以上の価値を傘に付加します。

もしギフトのご予算を更に一万円上げられるとするなら、それよりも三千円の名入れを加えられたほうが断然「価値」があがります。贈り先様は「大きな特別感」と「贈り手の想い」を、その傘に中に感じ取ることができるからです。

全11種類の名入れ

心斎橋みや竹本店では、全11種類の名入れをご用意しています。傘によって対応可能な名入れ方法は異なりますので、まずは、お気に入りの一本を見つけて頂き、その傘に対応する方法の中から「名入れの風合い」や「納期」など、ご希望に応じた名入れ方法をお選びください。

心斎橋みや竹 オリジナル名入れ

A. イニシャルチャーム
A. イニシャルチャーム

B. オーバルチャーム
B. オーバルチャーム

C. スクエアチャーム
C. スクエアチャーム

D. ハンドル刻印名入れ機械彫り(折畳み傘)
D. ハンドル刻印名入れ機械彫り
(折畳み傘)

E. ハンドル刻印名入れ表札彫り(折畳み傘)
E. ハンドル刻印名入れ表札彫り
(折畳み傘)

名入れ方法について詳しくはこちら

商品限定名入れ

F. ハンドル刻印名入れ手彫り(長傘)
F. ハンドル刻印名入れ手彫り
(長傘)

G. 玉留刻印名入れ
G. 玉留刻印名入れ

H. ハンドル刻印名入れ機械彫り(長傘)
H. ハンドル刻印名入れ機械彫り
(長傘)

I. プレート刻印名入れ
I. プレート刻印名入れ

J. 刺繍ストラップ
J. 刺繍ストラップ

K. ヌメ革ストラップ
K. ヌメ革ストラップ

名入れ方法について詳しくはこちら

最適な傘に導く5つのステップ

トップに戻る